消費税率の変更と軽減税率の導入について(ご案内)

2019年10月1日から消費税率が10%に改定されるとともに飲食料品には軽減税率制度が導入されます。
つきましては、小店では下記のように対応させていただきたいと存じますので、ご理解ご協力のほど、なにとぞよろしくお願い申しあげます。

 
■売上伝票やご請求書、ならびに店頭でお渡しするレシートの変更
処理システムの更新に伴い、売上伝票・ご請求書・レシート等の表記や書式が変わります。

■税額の計算とその表記
小店は従前より税抜きでの価格をご提示しておりますが、お買上げに際して加算される消費税等の額も同日より新税率(10%)を適用させていただくとともに、軽減税率が適用される商品につきましては従来どおり(8%)の税率で処理させていただきます。
売上伝票・ご請求書・レシート等にはどちらの税率が適用されているかを明示し、税抜きでの金額と加算される消費税等の税額、その合計である税込み金額をお示しいたします。
基本的には仕入商品毎に適用されている税率を採用いたします。

■円未満の端数の処理
従前どおりお買上げ金額・消費税額等ともに円未満の端数が生じた場合は、すべて切捨てとさせていただきます。

■毎月末日〆以外の掛売りのお客様
ご請求〆日が税率の改定日をまたぐため、各〆日以降にお買い上げいただいたお客様には9月30日〆のものと10月1日から各〆日までの新税制を適用したもの2通に分けて作成し、ご請求いたします。
ご請求金額は10月1日以降に発行されたご請求書に記載されたものとなります。
また、その際には9月30日付のお買上残高が一時的に前回繰越高となります。

■その他
ご面倒をおかけして恐れ入りますが、法制度の変更によるものですので、どうかご容赦くださいますとともに、ご不明な点はいつでもお問い合わせください。

以上

 

Top
RSS
Twitter
Instagram
Facebook
Follow by Email