新可動堰の工事現場、一般開放【最終】

一般開放*現場案内図


その完成(1931・昭和6年)から80年近くにわたり越後平野を守り続けてきた大河津可動堰も、近年、老朽化が進み、2003年から改築工事に着手。本2011年11月に予定されている通水に向け、新可動堰本体工事の最終段階を迎えています。
このたびの一般公開は、普段、工事関係者以外は入れず、通水後には川底となってしまう現場から、新可動堰本体に加え、試運転中の国内最大級ラジアルゲイトも眺められる最後のチャンスです!

駐車場が必要ならお声掛けください。お天気が良ければ、徒歩で大河津橋を渡って現地まで行かれた方が、駐車場出入りの混雑に巻き込まれずにすみます。
お出かけの際は、ぜひ一酒庵へもお立ち寄りを♪
たぶんお茶くらい出ます!(笑)

■大河津可動堰の改築工事現場*最後の一般開放
・日 時:2011年8月21日(日) 09:00〜16:00【小雨決行】
・場 所:大河津可動堰の改築工事現場(燕市五千石地内)
・定 員:制限なし
・見学料:無料
・案内図:下の画像参照(クリックすると拡大されます)
・その他:1. 事前申し込みは不要ですから、直接お越しを
       (駐車場はありますが、役所は事故等に対しては一切責任を負いません)
     2. 服装、履物は汚れても構わないものを
     3. 天候状況等により中止される場合も

実施内容(プレスリリース)

 

資料写真(プレスリリース)

【実施者・問い合わせ先】
 国土交通省 信濃川河川事務所 大河津出張所
 TEL 0256-97-2121・FAX 0256-97-2202
 Email s-ohkouzu@hrr.mlit.go.jp
 ●プレスリリース原本 → PDFファイル

【関連施設】
 信濃川大河津資料館 → 公式サイト ※新しい可動堰の模型が見られます
 新潟県燕市五千石 〒959-0124
 TEL 0256-97-2195・FAX 0256-97-2196

Top
RSS
Twitter
Instagram
Facebook
Follow by Email