甘さ涼やか和のリキュール

一酒庵別誂えの古式本みりん漬梅酒

「えっ、そんな梅酒もあるの!?」と早くも驚きの声が…。

 
●住乃井【別誂え】古式本みりん漬梅酒 “美梅 -みうめ-”
原料は…三年以上熟成させた古式本みりん(*1)と国産梅(白加賀)だけ。
砂糖の類は一切使っていません。
もち米と米麹だけで仕込まれる古式本みりんならではの麹由来の天然の甘さ(ブドウ糖)は実に涼やか。
醸造アルコールの粗さを誤魔化すためにたっぷりと砂糖を添加した梅酒と比べれば、その甘さの違いが際立つ後味に驚かされます。
加えて鮮烈な梅の風味がそのまま味わえますから、冷して良し、温めて良し、もちろんロック・ソーダ割り・水割り・お湯割り、どんな飲み方でもこの上ないうまさをお楽しみいただけるよう天が授けた和のリキュールです。

【1800mlは数量が限られるため、品切れすることがあります】
 
【ご注意】

ご家庭やお店で梅酒など果実酒を作るには、酒税法の定めによりアルコール度数が20度以上の酒類を使わなければなりません。
よってそれ以下(13〜14度)のアルコール度数しかない本みりんを使うことは酒税法に違反する行為となりますので、ご家庭やお店で本みりんを使った梅酒は作らないでください。

 

住乃井【別誂え】
古式本みりん漬梅酒 “美梅”
 
4,762円/1800ml・2,381円/720ml(税別)
 
詳しくはこちらで → 一酒庵*Selection【品揃え】



*1:古式みりん

    良質なもち米と米麹を原料に昔ながらの製法(長期醪)で仕込まれ、じっくり貯蔵・熟成させてから出荷されるみりん。
    芳醇な香りがあり、リキュール感覚で飲んでもうまい。
     
    ちなみに新式みりんは、もち米・米麹・醸造アルコール・糖類を原料に短期醪・短期熟成で出荷され、効率的・経済的だが、みりん特有のうまみや効果が希薄な上に糖類の甘さがくどくて飲みにくい。

Top