新たな縁*昇龍蓬莱・残草蓬莱

燗酒屋 一酒庵がお酒を選ぶ基本は「食とともに楽しむ酒」。
その基本に忠実であればあるほど…

あってはいけないものが…多すぎる香りと甘残り、そしてガラの悪さ
なくてはならないものが…熟成に期待できること、そして味わいの締まりとキレ

 
それに相応しいお酒がまた一つ一酒庵に加わりました。

甘残りを徹底的に排したキレッキレ酒!(笑)

酒の縁がつないでくれた素晴らしい辛口酒が初の神奈川から!
 
実は…以前から気になっていたお酒ではあったのですが、大人の事情から今の今までお待たせしてしまい、誠に申し訳なく存じます。
お蔵のある神奈川県愛川町は、当地の弥彦山よりも高い700mを超える神奈川県の山間にあり、蔵の入り口には初代がこの地に根を下ろした時に植えられたという樹齢400年を超える2本の大欅がまるで守り神のようにそびえています。
少数精鋭の蔵人たちとともに仕込む酒は「ここまでやるの!?」と今の酒造りを気づかせてくれたという故小川原専務(神亀酒造)譲り、否、当時の神亀を凌駕したのでは思える手加減のなさ。甘残りの欠片もないキレッキレの酒は、まさに「漢の辛口!」と呼ぶに相応しい一本です。

こういう酒をもってして淡麗辛口というのでは?
という皮肉はさておき、使われる酒米もバラエティに富んでいますが、どれも完全発酵。捌けが良く、雑味の少ないきれいな仕上がり。その中でも王道中の王道を行くアイテムを揃えました。
生酛仕込みの“昇龍蓬莱”、速醸仕込みの“残草蓬莱”、どちらももっともっと寝かせたい酒なれども、何しろ小さな規模ですから、お手元でじっくり育ててやってください。
どうぞご贔屓に♪

昇龍蓬莱 特別純米 2,620.5円/1800ml(税別) 詳しくはこちらで → 一酒庵*Selection > 昇龍蓬莱 特別純米
昇龍蓬莱・残草蓬莱 取扱いアイテムはこちらで → 一酒庵*Selection > 昇龍蓬莱・残草蓬莱


Top